徳島県立農林水産総合技術支援センター農業大学校 模擬会社

ロゴマークとロゴタイプ

“徳島農大そらそうじゃ”のロゴマークとロゴタイプ
桜をモチーフに人と人が協力しあって若い芽を育てることをイメージしています。






マスコットキャラクター

・模擬会社“徳島農大そらそうじゃ”のマスコットキャラクターで、名前は「農大そらちゃん(略称:そらちゃん)」。
・農業界を盛り上げようという若い衆(わかいし)の熱い気持ちから誕生した植物系の精霊。
・身長15㎝、体重0.5㎏、誕生日はそらそうじゃの設立日と同じ10月25日。ただし精霊なので、年はとらない。
・特技:しっぽジョウロで若い芽を育てること。
・主な仕事:徳島農大そらそうじゃのPR活動。



熱意と伝統を更に熱く燃えるよう尽力します。

「徳島農大そらそうじゃ」早くも第8期目となりました。私が大学校で学び始めて,はや1年が経ち,1学年次上の先輩方が卒業し,新たに引き継ぎ,右も左も分からない状況ではあります。しかしながら,新たに入学してきた大勢の後輩と共に,「徳島農大そらそうじゃ」を大いに盛り上げたいと考えております。新入生の入学と時期を合わせて,ロビー常設販売所のレイアウト変更や冷蔵庫の導入なども行い,着実に進化を遂げていっております。社員全員の意向を汲み取りながら,先輩方の作り上げてきた熱い熱意と伝統を更に熱く燃えるよう尽力していきたいと考えております。そして「徳島農大そらそうじゃ」を日々応援してくださっている方々のためにも日々精進していく所存であります。

第8期代表取締役社長 藤本 悠真

迅速正確な会計処理と行います。

「徳島農大そらそうじゃ」第8期副社長の齋藤 雄樹です。 私は基本的に経理担当として売り上げの計算や管理などを行っております。プライスカードの製作を他の学生と協力し,円滑に進められるよう努力したいと考えております。また,きのべ市などでの会計事のミスを減少させ,互いに損得のないようにできれば良いと考えております。精一杯頑張ります。「徳島農大そらそうじゃ」を支えて頂いている皆様,地域の皆様,そしてファンの皆様に,安心・安全な農産物と,そして驚きと笑顔をお届けできるよう努力を続けて参りますので,どうぞご期待ください。

第8期副社長 齋藤 雄樹

地域との交流を深めます。

「徳島農大そらそうじゃ」第8期副社長の與茂田孟晃です。私は,「ふるさと応援し隊」担当役員をしており,農山漁村の要望である「人手がほしい」「農村に来てほしい」等と,そらそうじゃ側の要望である「地域に貢献したい」「集落の人とふれ合いたい」等のニーズを結び,協力し合い活動しています。今後も,農村地域での協働活動を行い,地域の人たちとの交流を深め,地域活性化に向け精一杯頑張っていきます。また,私は企画開発課に属しており,ビジネススキルを活用した新商品開発の企画を行ったり,そらそうじゃ常設展示場での企画,きのべ市や農大祭の出店,イベントの出展等を考えております。地産地消をより向上するために日々頑張っております。これからのそらそうじゃの活躍にご期待ください。

第8期副社長 與茂田 孟晃

設立目的

農業大学校は農業に関する基礎から専門にわたる講義、実習およびプロジェクト学習等、農業に関する実践的な教育を行っています。このような農業大学校の教育の特色と機能を生かし、学生の“経営力”を向上させることにより、将来的に6次産業化を担う人材を育成する実践的な学習手法として、平成22年10月25日(月)、模擬会社「徳島農大そらそうじゃ」を設立しました。社名の「そらそうじゃ」は“同意と共感”を表し、経営理念の根幹に位置づけています。また、経営理念と事業内容を次の通り定め、定款に記載しています。

<経営理念(定款第2条)>

 一、私達は、若い力で地域社会の人々と同意と共感しあいながら豊かさを求める会社を目指します。
 一、新技術の改良・開発に取り組むことで、地域社会と農家の皆様に貢献します。
 一、徳島の隠れた資源を活用することで、地域の活力を呼び起こします。
 一、消費者と生産者が共につくる、新しいアグリビジネスを創造します。
 一、徳島の農業の発展に寄与する人材となるよう、自らを高めます。

<事業内容(定款第3条)>

 1 農業大学校、各研究所で生産された農畜産物の販売及びその加工。
 2 農業大学校、各研究所で開発された新技術や商品の流通企画、生産者等からの依頼による実証展示などの請負。
 3 当社の主旨に賛同される生産者、組合、商工関係者からの生産物等を原材料とした商品開発加工。
 4 農業大学校の生産施設や教育機能を活用した農作業・収穫体験サービス。
 5 前各号に附帯する一切の業務。

 経営理念および事業内容は、本科3コースの特性をふまえて策定しています。また、そらそうじゃの扱う商品は、農産物や加工品など形のあるものばかりでなく、みかん狩りや野菜苗植付体験など農作業体験イベントの開催、新技術の開発と地域への提案・実証展示なども商品と見なしています。このように、学生の日常的な学習・実習や卒業研究(プロジェクト学習)そのものを事業活動と位置づけ、地域の1次、2次、3次業者と連携を通じてビジネススキルを醸成し、地域経済や社会へ貢献しうる人材育成を図ることが目的です。

2 組織図
「徳島農大そらそうじゃ」は株式会社の形態をとっており、学生の保護者会である「後援会」を株主としています。「役員会」は各「事業部」から2名、合計6名で運営されます。生産技術、地域資源活用、アグリビジネスの3コースをそれぞれ独立した「事業部」とみなし、各部に企画開発、農場管理、営業、経理の「担当課」を置き、学生全員が社員としてなんらかの役割と責任をもち、会社運営に携わる体制としています。

◆体制図(平成25年4月1日現在)


◆徳島農大そらそうじゃのロゴマークとロゴタイプ
桜をモチーフに人と人が協力しあって若い芽を育てることをイメージしています。

◆マスコットキャラクター「農大そらちゃん」
 植物系の精霊との設定で、しっぽのじょうろで若い芽を育てることが特技です。
 ロゴマーク、キャラクターとも橋本恵さん(平成23年度卒業 元生産技術部代表取締役)が作成しました。

3 活動状況
 実習やプロジェクト活動で生産された農畜産物や加工品を、校内直売所「きのべ市」や徳島市中洲市場、徳島市新町「トモニsunsunマーケット」で販売しています。平成25年からは県内外の大手量販店への出荷も始めました。また、依頼のあった団体・施設等のイベントや農大祭等の学校行事へ積極的に参加しています。商品開発では、すだち、さつまいも等県内農産物の「有効活用」や「高付加価値化」を目指して個々の学生の卒業研究やコースでの実習と一体的に進めています。